前田愛さんサポートBlogおしゃガン

前田愛さんファンの徒然な日々・・・
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リンダリンダリンダ
リンダリンダリンダ (JUGEMレビュー »)

青春時代を軽音学部ですごした人は感涙!
RECOMMEND
劇場版 キノの旅 何かをするために -life goes on.-
劇場版 キノの旅 何かをするために -life goes on.- (JUGEMレビュー »)

ユナイト豊島園のみで単館上映だった劇場版が、ついにDVD化!
RECOMMEND
極道の妻たち 情炎
極道の妻たち 情炎 (JUGEMレビュー »)

前田愛さんの新境地!
出番もいっぱい!泣くよ!
RECOMMEND
RECOMMEND
タイトル未定
タイトル未定 (JUGEMレビュー »)
前田愛(声優)
「night fly」です!愛ちゃん初のミニアルバムです!あのオリコンも絶賛です!!O(>_<)O
RECOMMEND
バトル・ロワイアル II 特別篇 REVENGE
バトル・ロワイアル II 特別篇 REVENGE (JUGEMレビュー »)

本当の完成版!愛ちゃんのシーンも追加多数!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 前田亜季さん、お誕生日おめでとうございます!!O(>_<)O | main | Googleマップ、恐るべし! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ブックバトンきちゃった(^^;
先日、「秘密のブログ」の方でミュージカルバトンを渡されたばかりなんですが、今度はこのおしゃガンにブックバトンキター!
友人のちょびわんさんからです。

んでは、もう”バトン”についての説明はいらないほど普及してるっぽいので、いきなり開始〜!


・持っている本の冊数 まったく把握できてません。かなりあることは間違いない(読まない日ってめったにないから)。

・今読みかけの本 or 読もうと思っている本
女検死官ジェシカ・コラン
ロバート・W. ウォーカー Robert W. Walker 瓜生 知寿子
扶桑社 (1997/04)
売り上げランキング: 303,349
おすすめ度の平均: 5
5 リアルで怖い

読みかけだからコメントに結末書かないように!(笑
だいたい凹んでる時期はミステリーや、推理ものや、ホラー小説ばかり読んでますね。考えなくて済むから。
え?推理小説は考えるだろうって?ああゆうのは”考える”うちに数えてません。(大好きだけどね)

・特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

文庫 新版 指輪物語 全9巻セット
瀬田 貞二 田中 明子 J.R.R. トールキン
評論社 (1997/02)
売り上げランキング: 5,468
おすすめ度の平均: 4.6
5 自分は50年も遅れていた
5 第10巻も
4 映画に感動した人もそうでない人も(・∀・)イイ!!

そりゃあなた!私は「ガンダルフ」ですぜ?これが特別でなくて何が特別なんだかヽ(´ー`)ノ

異邦人
異邦人
posted with amazlet at 05.07.13
カミュ 窪田 啓作
新潮社 (1954/09)
売り上げランキング: 9,219
おすすめ度の平均: 4.66
5 ありのままの生を生きるということ・・・(;´Д`)ハァハァ
4 必読書
5 ムルソーの生き方にシビれた。

私の根底の思想を決定づけた本。
世界は不条理である。けしてそれは覆らない。だがそれでも戦う。

水中都市・デンドロカカリヤ
安部 公房
新潮社 (1973/07)
売り上げランキング: 82,242
おすすめ度の平均: 4.33
5 安部公房の持つ独特な硬質の叙情性
3 闖入者…今の時代と…
5 不思議な作品の数々

こちらは、どちらかというと”青春の古傷”ですか。
今読んでどう思うかは分からない。でも17歳の私は感動した。
どらにしても公房さんの独特の世界観は変わらないけれど。

利己的な遺伝子
利己的な遺伝子
posted with amazlet at 05.07.13
リチャード・ドーキンス 日高 敏隆 岸 由二 羽田 節子 垂水 雄二
紀伊国屋書店 (1991/02)
売り上げランキング: 6,937
おすすめ度の平均: 4.42
4 素晴らしい真理学の本
5 生物や人間の理解のために必読の古典
5 「生物」に対する”見方の次元”を広げてくれた。

今の私を知ってる人は驚くかもしれませんが、若かりし頃の私は思想上の問題で、進化論や遺伝子理論に反発していたんです。でも、「敵を知ってから批判しないと」と、読み始めたら・・・あくまでフェアーな姿勢で論理的な本書に触れるうち・・・進化論と遺伝子に傾倒していく私がいました。
そして、私の思想と進化論・遺伝子は、けして否定しあうものではなく、むしろ補強しあうものだとの結論に至りました(そうなるまでにはまた多数の専門書を踏み越えてきた結果ですが、その一歩は本書でしたね)。

存在と無〈上〉―現象学的存在論の試み
J‐P サルトル Jean‐Paul Sartre 松浪 信三郎
人文書院 (1999/05)
売り上げランキング: 215,700
おすすめ度の平均: 5
5 選択せよ、つまり、創造せよ
5 サルトル

「選びたまえ君は自由だ」
自由であることの恐ろしさを教えてくれた本。自由であることはあまりに過酷である。まぁ、最終的に作者のサルトルも逃げ出した(私にはそう思えた)んですが。
これのおかげで新世紀エヴァンゲリオンのエンディングも苦もなく理解できたという効用も(^^;


さーて。バトンを渡す人ですが・・・ミュージカルバトンでもう渡せる人には渡しちゃったし、ちょびわんさんが渡した方々ともかぶってるしで・・・
私がもらったバトンはここまで!
(バトン類は、もらった人が拒否することも、そこで終了させることも自由なのです)

#欲しい!俺に渡せ!という方はご一報を(笑






| 読書 | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 02:25 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aibeats.jugem.jp/trackback/381
トラックバック